「すぐ話せる、
楽しむ、カンタン
旅行英会話!!」

email

2.「からかう」
〜 自分に近い人・扱いやすい人を探せ! 〜  

 私の場合は、最初どこへ行っても、お年よりと子供を捜しました。お年寄りで早口の人はまずいないし、子供は好奇心が強いから、目を合わせてにっこりすると、笑顔でよってきます。

 そして、一番彼らの素晴らしいところは、「忙しくない」こと。だから、何度聞き返しても、怒らず、下手な質問でも、分からなくても、最後まで付き合ってくれるんです。 だから安心して、美味しいレストランや公園までの道をどんどん尋ねてください。

 たとえ相手の回答が聴き取れず、分からなくても、最後には必ずお礼を言って別れてくださいね。これも楽しく英語を海外で学ぶ最も大切な秘訣の一つです。

 街中で、お年寄りや子供たち(Aランク)がいないときには、可愛い人・かっこいい人(Bランク)を探しましょう。もし、いないときには親切そうな人(Cランク)を探してください。

 相手の答えに集中しても、どうしても分からい時には、もう一度だけ聴いてみる。相手が急いでそうだったり、あんまりやさしくなかったら、とりあえず笑顔で"Thank you"といって別れましょう。
その後、相手が立ち去ったら、また別の人をさっきのランクABCの順で探しましょう。次、次。

  英語で楽しむには、ある程度、余裕を持って、予定を立てておくことが必要です。

ただし、時間が無くても、けっして目つきが悪い人や裏通りにいる人(Dランク)には聞かないこと。 「楽しい思い出が、さらに英語を上達させてくれる」のですから、絶対「危険は冒さないこと」が、と〜っても重要です。

  そうそう、一つ言い忘れてました。子供達が一人で出歩いている事は、ほとんどないので、子供を「だし」にして、ちょっとだけ若夫婦やおじいちゃん・おばあちゃんに声をかけてみるのも、楽しいんです。

子供と話せるなら、"Hi !"とか、ちょっとだけ挨拶をしておいて、次によいよ親御さんにいかにその人たちの子供が可愛いか、伝えて上げてください。

若夫婦やお孫さんと一緒の老夫婦は、間違いなくすごく喜びますから。 "Oh, she is so cute!" "He is very handsome!"といった感じで。短めにね。

 ただし、話が盛り上がってきたり、相手が長い質問をしてきたら、早々に立ち去りましょう。残念ですが...。
時計をチラッと見てから、"Sorry, I've gotta go."。

これで、不信に思われず、別れられます。 最初のお楽しみは、すこしだけ。次回はもっと、実力をつけてから出直すということで、諦めてください。

  「あ〜っ、もうちょっと話したかった」という気持ちを自分の中に残す事が、ここでの「みそ」です。この気持ちが、次のやる気を必ず、引き出してくれますから。

 気軽に相手をから「かうつもり」で、どんどん相手をさがしましょう。 そして、別れ際に笑顔で"Bye!"は、忘れずに。

spacer contents

1.はじめに  
  英語を楽しみたい方へ

2.話せないことをやめる 

3.からかう   

4.同じ会話を楽しむ

5.休む
6.夜はゆっくり…!?

7.素敵な思い出を

8.魔法の言葉!

9.おわりに
  英語を楽しみたい方へ・続

10.このページについて


copy_right