「すぐ話せる、
楽しむ、カンタン
旅行英会話!!」

email

6.夜はゆっくり…!?   
〜 最近テロがあっちこっちで起こっているので、何となく夜の繁華街は恐い。というわけで、あまり遅くならないようにホテルに帰ってきて、明日に備えましょう。もちろん、ただ休むだけじゃないですよ。 〜

 まず、明日行く場所をチェックして、どんなフレーズが使えるか書き出してみます。
  博物館、美術館、専門店、レストラン、王宮、モール、公園、電車かバスか、タクシーか。 行く先々で必要なフレーズや、今日言えなかったフレーズを思い出して。

 落ち着いて、ゆっくり考えてくださいね。明日の大事な「命綱」ですよ。 旅行英会話のハンドブックや電子辞書などを日本から持ってきていれば、単語・熟語をチェックしながら書き出すと、安心して使えるし、精度も抜群に上がります。

 できるだけ短く、シンプルなものを書き出しましょう。

  そして、今日使ってよかったフレーズは、また明日も使っちゃいましょう、せっかくだから。逆に、分かってもらえなかった表現や言いにくかったものは、ボツにします。別の表現を採用。で、また明日試してみましょう。

 何だカンダ言っても、やっぱり上達の基本は、
"Try & Error"の繰返しです。

 さて、相手の返事が分かりやすかった質問や楽しい会話のきっかけになった質問は、もっと他の場所でも利用できないか、よ〜く考えて、明日のために、紙に書き出します。
  もちろん使う場所ごとに振り分けてくださいね。 この”トラの巻き”さえあれば、簡単に安心して、楽しく質問ができますから。

  ぜひ良い質問のスペシャリストになってください。ネイティブなみの「リズム」と「流暢さ」で!

さあ、夜はまだまだ。一段落して、小腹がすいたら、ルームサービスを頼んでみませんか。
  美味しいデザートを頼みますか?それともチーズとワイン? ホテルマンは、基本的に親切ですよね。

  絶対に大丈夫、あなたなら出来ます。

  もちろん電話なので、声だけの勝負です。身振り手振りは利きません。だから、もし途中で分からなくなったら...、切っちゃえ。切っちゃえ。全っ然、OKです!

  あなたは、ホテルのお客さん。神様です。心配しないで。 だたし、途中で電話を切ったはずなのに、何か持ってきてくれたら、ありがたく受け取りましょう! 
ほらっ、「笑顔、笑顔」、ですよ。

spacer contents

1.はじめに  
  英語を楽しみたい方へ

2.話せないことをやめる 

3.質問でからかう   

4.同じ会話を楽しむ

5.休む
6.夜はゆっくり・・・!?

7.素敵な思い出を

8.魔法の言葉!

9.おわりに
  英語を楽しみたい方へ・続

10.このページについて


copy_right